クイーンを丸裸にする!-2

材料はだいぶ整理できてきて、気になる馬が1頭!

タガノアスワド(冠名+黒(アラビア語))6歳、彼女は苦労人だ!舞台はピン芸人の実力者を求めているからね!

2017年に新馬戦を勝ち上がり、多分期待されていたんだろうけど、フローラSでしくじり、エリートコースから外れてしまったw そのご500万/1000万/再度1000万、そして前走、3場開催の阪神芝18/3勝クラスをゲットして、ここに参戦!!古馬のグレード歴もない彼女を指名!変だろうね。大した戦歴じゃないのに、と思うけれど、いやはや、条件のステップをみるとなかなかの実力馬だとおもうw

レースは新生戦と位置付けてみると、初参加の馬は、新鮮でいいじゃないか!!しかし常に本当の新生ではないことは肝にめいじておくw

そして別の角度から、馬番の13番に注目しています!それは開催数から示唆された番号!14頭立てのフルゲートだと8枠になるね!そこにどの馬が配されるのか?これも興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA