フェブラリーS-その2

アイキャッチ画像。すんません!JRAのHPよりお借りしました。

第38回/ダート1600m/同額レースとして暮れのチャンピオンズカップがあるね!こちらは/ダート1800m/3場開催・中山/阪神/中京。当該レースは3場・東京/阪神(京都)/小倉。年間レーティングはわずかながらチャンピオンズが上。しかし当日は双方とも4鞍特別レースが施行されるが、当該レースはリステッドが組まれている。日計はフェブラリーが上だね。こう切り出して言ってみたものの、じゃこの材料をどうすんかというと、俺にもわからん。やっぱそれぞれの役目には違いがあるのはもちろんだ!例えばチャンピオンズは中山・阪神の力関係を吸収清算。当該は東京と阪神(本来であれば京都だよね?!)かな?。

それよりも同日に小倉大賞典があるが、この関係も13年から紆余曲折がありながらも長く続いている。来週から指定ステップ戦が始まるこの時期のハンデとは?ただレースとの関連性を引き出そうというより、なんか仕切り線のような気がするわ。

まあ、初志貫徹でフェブラリーのみ参戦します。昨年と同じような施行形態かと思いきや、微妙な変化を盛り込んでいます。何を言いたいのかわからなくなってきたので、ここらで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA