公園の桜、いい感じですね!

第51回高松宮記念-1

○ 高松宮記念(GⅠ)
本競走は、昭和 42 年に創設された『中京大賞典』を前身とする重賞競走。46 年に高松宮
殿下から優勝杯を賜ったのを機に『第 1 回高松宮杯』に改称された。以来、距離 2000mの
別定重量戦で実施されていたが、平成 8 年に距離が 1200mに短縮されるとともに、GⅡか
らGⅠに格上げされ、中京競馬場初のGⅠ競走となった。また、10 年には競走名が『高松
宮記念』に変更され、12 年には実施時期が 5 月から 3 月下旬へと移された。春の古馬短距
離路線の頂点を決める競走であるとともに、春のGⅠシリーズの始まりを告げる一戦とな
っている。

第一回登録馬23頭/牝馬10頭/フルゲートは18頭/

2021年3月28日(日曜) 2回中京6日/第51回高松宮記念GⅠ

4歳以上オープン(国際)(指定)定量コース:1,200メートル(芝・左)/ステップ戦、なんとオーシャンSからの優権なし。特別戦4鞍開催、変更戦なしかな?/3場開催・6日間開催は昨年と変更箇所ですね。

武が乗る予定だったレシステンシア(アルゼンチンにある州都の名。母の生産国より連想)牝4歳は浜中騎手だそうです!まあこの馬が一番人気になるだろうね!?

件のJRA・データ分析からだと、(過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”において2着以内に入った経験のある馬だった。/さらに前走6着以下の馬は不振)前走の単勝人気も重要なポインとで前走の単勝人気別成績を見ると、1番人気だった馬が3着内率38.7%!

詳細は少しづついきます。

あ、そうそう、芝1200兄弟の秋のスプリンターズSにも注目しておこう!今年は共通項があるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA