第51回変則開催の高松宮記念-2

出馬表でた!全18頭フルゲートなり!面白いのは、出走予定の〇外シヴァージではなく、補欠のアウィルアウェイが繰り上がり!彼女は昨年のスプリンターズの3着馬!!が復活!シヴァージは当該レースの1着同枠馬だぜ^!!

これは何を示唆するのかね?

ポスター・レープロをみて、決断するのもいいけど、一般的に官庁関連の制作物は、入札制から落札した一般制作会社が作るもので、JRAサイドが制作していないと思うので、その写真、コピーにそのような意図を反映させるのは不可能かと思う。もっとも決定した作品にあれこれ、主催者が指示をすることは十分にあるかと。おれも昔、企画競走に参加したものですが、いつも敗退。だからその先のことは不明ですから、そのルート攻略はパスしています。

ところでみなさんは、レースのぞろ目決着をどう考えますか?1番人気のぞろ目はない!同厩舎出しは人気薄から等々、先輩から教えられた時代が懐かしいです。昔、K氏は1着馬の棚上げと言っていましたわ。つまりは勝利馬ではないということだそうです。枠番の2-2とかのはっきりしたぞろ目、でもう少し言うと、偶数頭レースだと、例えば10頭立てレースの1-2枠やら7-8枠で決着したレースは『隠れぞろ目』として定義して整理しています。俺はね!!!

というのも俺が拝読している御方のブログでみた、件の重賞インフォメーションが大ヒントです。これは非常に考えさせられますよ。しかも有効です。主催者の意思が感じられます。ひしひしと!!

これを今回は詰めてみます。やったるぜ!!

写真は桜、ミニ盆栽です。見事に咲きました。馬券も『さくら咲く』といきたいところです。!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA