新生!桜花賞

まずは、レース名解説をJRA/HPからのパクりですが。

○桜花賞(GI)本競走は、イギリスの『1000ギニー』に範をとり、昭和14年に『中山4歳牝馬特別競走』として創設された重賞競走。牝馬3冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門となっている。創設当初は中山競馬場の1800mで実施されていたが、22年に京都競馬場へ舞台を移し、実施距離を1600mへ変更したのを機に現在の競走名となった。その後、25年に開催場が阪神競馬場に移され、現在に至る。なお、第5着までの馬には優駿牝馬(オークス)への優先出走権が与えられる。

021年4月11日(日曜) 2回阪神6日

第81回桜花賞/3歳 OP(国際)牝(指定) 定量 1,600芝・右 外

第一回登録馬24頭/FG18頭/トライアル3戦から7頭参戦の気配!/特別5鞍開催戦/今年はOP戦が3本と珍しい形態に。これは非常に考えないと!昨年よりこのような施行形態はないんだよね??

桜花賞に何かが起こっている!起きる可能性が大!新オペレーションの発動です!間違いない!先週までの古馬のGIにおいても、連対枠にはステップ戦歴のない馬が配置され、その姿をみせつつありそうですが、さらに世代限定戦は混沌としてきたようです。注意深い対応しないと。すでに施行形態だけで、迷っている、この先はどうなりますやら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA