今週のドローン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2021年4月17日/18日

土曜日は第23回中山グランデジャンプ/オジュウチョウサンが登録済み/

○農林水産省賞典中山グランドジャンプ(J・GI)本競走は、昭和9年に当時の中山競馬倶楽部理事長肥田金一郎氏が、東京競馬場の『東京優駿(日本ダービー)』に匹敵する中山競馬場の名物レースとして創設した『中山大障害』を前身とする競走。創設時の障害は現在より大きいものを使用しており、合計10回の飛越と坂路を6回上り下りするものであった。その後、幾度かの距離の変更を経て、47年秋からは創設時の4100mに戻された。創設時より春と秋の年2回実施されていたが、平成11年から春の競走名が『中山グランドジャンプ』に変更され、J・GIに格付けされた。また、13年より距離が4250mへと延伸され現在に至る。

日曜日は3回中山8日

第81回皐月賞GⅠ

3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 定量 コース:2,000メートル(芝・右)/登録数18頭/回避馬がでたらFG割れになる。/特別5鞍設計/2勝戦が2鞍か〜!??

○皐月賞(GI)本競走は、イギリスのクラシックレース『2000ギニー』に範をとり、昭和14年に『横浜農林省賞典4歳呼馬競走』として創設された重賞競走。当初は、横浜競馬場(根岸競馬場)の距離1850mで実施されていたが、18年以降は東京競馬場へ移設された。24年に中山競馬場へ舞台を移したのを機に競走名が『皐月賞』とされ、25年には距離が2000mに延伸され現在に至る。クラシック3冠競走(皐月賞・東京優駿・菊花賞)の第一関門となっており、その中でも「最も速い馬が勝つ」と言われている。なお、第5着までの馬には東京優駿(日本ダービー)への優先出走権が与えられる。とあります。(JRA/HPより抜粋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA