安田記念への道

競走名の「安田」は明治大正昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力、日本中央競馬会の初代理事長も務めた安田伊左衛門に由来[5]。東京競馬場には、安田の功績を称え胸像が建立されている(Wikipediaより)

本日、土曜日5月15日/2東7、第66回京王杯SC/4上・指定・芝14、出走数17頭でFG割れ。安田への最後の試練。相方の読売マイラーズは3-3のぞろ目決着でした。除外馬が3番。同じG2戦で等額戦・等施行なんですが、こちらは本番と等距離レース。しかもwin5対象レース。昨年は完璧な実績を持つ1番人気が勝ちましたが、除外戦となり、ケチがついたわ!施行形態も距離変更のみで微妙!?そして今年は前述通ぞろ目。なんですかね、仕切り直しということですか。で、当該レースです。17頭という奇数頭立てです。微妙な雰囲気が漂いますが、ヴィクトリアを回避してきたエーポスがいますね!

1番人気は8:50現在、10番ラウダシオン(鞍上M・デムーロ)、本来ならサクッと切りたいところですが、同枠に、み・見てて、ちょ!かわいい子がいますよ!その戦歴は清らかですわ。で、彼女に免じて10番は連対馬!

相手は前日のエーポス4番(鞍上が気になりますね!??い・わ・た!)にいこうかと思います。だから同枠も含めます。シャドーディーヴァがいない日々はつらいです。その分、4番に本番以外で頑張って欲しいわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA