困ったね!

オークスですが、登録馬を見渡したところ、ピンとくる該当馬がいませんね??一番人気確実のソダシにしたって、指定歴がないし、他の馬にもそれは当てはまる!いわゆるオークス馬としての経歴がイマイチかけている馬ばかり!!?これはどうゆうことじゃ??主催者はどんな思いで出馬表を作るのかな??木曜日には発表されるわけで、2日しかない!?か、すでに完成しているのかね?そうだろうね、間違いない。フルゲートにはしない予定で。

レーティング表をみても、昨年中にその実績で、レーティング付の馬は5頭しかいないわけで。面白いのは桜花2着馬が登録していません。その代わりに2着同枠のHイクセルが出てきたわ!もったいないね、せっかく優走権を勝ち取ったのに。つまりは桜花賞は今年は遠慮しましょうというメッセージかも!?なぜかというと、その桜花賞はオークスに対して5着まで優走権があります。けどね、それは2018年からのことで、それ以前は4頭だけでしたわ。主催者はさらりと、変更しているわけで。2019年は桜の勝利馬が不参加、そして昨年といえば同じく2着馬が不参加。この3年間は1着馬が出てくれば、樫の女王になっていた歴史があり。

では、今年も1着馬が参戦しているから、女王だ!!というわけにはいかないと思うわ。いまだ枠順が出ていないので、やはり同枠のフォローが、今年は重要だと思います。

ここまで、缶ウイスキー2本ですので、この辺でやめておきます。

また、明日、書き進めたいと思います。枠順が出る前にはある程度、まとめておかないと

いつも中途半端で、負け戦です。!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA