中京の鳴尾記念-2

ひやーほーい!気にとめてた2頭が同枠に!!!!!これは囮かもしれんわ!

と勘ぐりつつ、7枠からいきます。しかも人気薄の10番から。

このレースを整理しておくと、まずは、変則開催レースということ(中京開催)、4歳牡馬が不在。さらに牝馬もいない!奇数頭立ての13頭!おいしさてんこ盛りで、どれを食べようか迷うね??????古典的な番組解釈から。農林水産省レースの経験馬は5頭!この中から(1-6-7-8枠ですが)連対馬の片方に。さらにもう一方は残りのメンバーですが、それらの分類は複雑ですわ。

というわけで、枠連で5-7枠(10:27現在-12.2)のみでいきます。6枠の9番が一番人気ですが、理由がわからん????

あるいは温和しく、10番の複勝のみ(10:27現在-5.49.0)とか!

訂正

やはり変則開催には、1枠も参加!で、1-7と縦目の1-5枠も!すんません!意志弱くて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA