第57回農林水産省賞典 函館記念GⅢ

2021年7月18日(日曜) 1回函館6日

(jra/hp)より抜粋)〇サマー2000シリーズ農林水産省賞典函館記念(GⅢ)
全 5 戦で実施されるサマー2000 シリーズの第 2 戦。
本競走は、昭和 40 年に 2,400mのハンデキャップ競走として創設された重賞競走。43 年に 2,000mとなり、平成 6 年から別定重量戦、9 年より再びハンデキャップ戦で実施されている。
函館(はこだて)は、北海道南西部、渡島半島の南東端にある市。名は、アイヌ語の「ウス・ケシ(湾の端)」から宇須岸と呼ばれていた地に、蝦夷地へ逃れてきた津軽の豪族が館を建て、これが遠方から見ると箱の形に見えたことに由来する。イカに代表される漁業が盛ん。西洋建築群をはじめとする豊かな景観を呈し、観光地としても人気がある。当日は小倉でも同じG3特指のハンデ戦・中京記念が施行されます。小倉で中京というわけです。で、

今年のテーマを。まず、函館記念は古馬で農林水産省典であること!!そして古馬で『はじめて』?????!!!かな????いろんな初めてがあるので、慎重にいこう!方や、中京記念のそれは変則開催であること。

そしてね!両レースに共通していることは『同じもの』ですね!

このテーマで今週も攻めたいと思います。明日から詳細を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA