いよいよ秋番組が始まる!

今週から本格的な秋番組が始まります。先週はこのことをすっかり忘れて、やれ出目だ!リレーション等々と肝心な点を見逃していましたわ!!やはりレーシングカレンダーは大切ですね!(猛省)

正確には29日のキーンランドSが始まり、先週を挟んで今週のまずは、土曜日紫苑ステーク(秋華賞TR)、そして古馬のセントウルSと、ワクワクしますね!!G1も近い!!

その狭間の新潟記念は、ダービーからの夏の終わりの決算戦でした。(これを、見逃し!!!)

さて、気を引き締めて今週も。JRA/HPより

2場開催<5回中山1・2><5回中京1・2>昨年と同じ開催>

○ 紫苑ステークス(GⅢ)(秋華賞トライアル)
本競走は、秋華賞のトライアルレースとして平成 12 年に創設された牝馬限定競走。28 年よりGⅢに格上げされた。なお、第 3 着までの馬には秋華賞への優先出走権が与えられる。
紫苑(しおん)は、キク科の多年草。秋には、茎頂に青紫色の頭花を多数つける。花言葉は「君を忘れない」「追憶」。

○ サマーマイルシリーズ京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)
全 4 戦で実施されるサマーマイルシリーズの最終戦。
本競走は、昭和 31 年に創設された『オータムハンデキャップ』を前身とする重賞競走。34 年に『京王杯オータムハンデキャップ』となり、平成 10 年に現在の競走名に改称された。創設時は現在と同じ 1,600mで実施されていたが、一時 1,800mに延伸され、昭和 59 年に再び 1,600mに短縮された。
京成電鉄株式会社は、千葉県市川市に本社を置く鉄道会社。本競走は、同社より寄贈賞を受けて実施されている。

そして注意しなくてはの、中京代替え開催である

○ サマースプリントシリーズ産経賞セントウルステークス(GⅡ)
全 6 戦で実施されるサマースプリントシリーズの最終戦。
本競走は、昭和 62 年に創設された重賞競走。当初は 1,400mで実施されていたが、平成12 年にスプリンターズステークスの実施時期が変更されたことに伴い、距離が 1,200mに短縮され、実施時期は秋季競馬の開幕週へと繰上げられた。なお、第 1 着馬には同年のスプリンターズステークスへの優先出走権が与えられる。
セントウル(Centaur)は、ギリシャ神話に登場するケンタウロスの英語訳。上半身が人間、下半身が馬の姿をした架空の怪物。阪神競馬場内のセントウルガーデンにはセントウル像があり、同競馬場のシンボルとなっている。
産業経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。本競走は、同社より寄贈賞を受けて実施されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA