京成杯AHを考える

第66回G3ハンデ戦・特指・FG16頭・京成電鉄副賞・芝1600

登録数20頭うち3歳馬が2頭。昨年もFG16頭に3歳馬が2頭参戦。方や2着、ビリと両極端。しかも2着したのは牝馬。新馬勝・1勝クラス・TRは惨敗ながら桜花賞で3着をキープ。オークス・リステッド勝ちして当該レースで2着した馬(同枠のフォローがあってこその着順???。4歳になった彼女も登録しています。)今年も同じような戦歴の馬が参戦。調教師もプロだから、その辺は承知のうえでしょう。ただ、どうも今年の3歳馬は囮のような気がします。

先週の新潟記念は、ダービー以降の農林省の救済が目的だとしたら、ここは同じG3ながら別の目的があるはずだ。対象はダービー以降は変わらずと想定したうえでの判断ですが。

(マイスタイル・牡馬7歳)のおじさんですが、その戦歴は嵌るものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA