産経オールカマー-その2

第67回産経賞オールカマー・毎年同じ時期で開催されていますが、構成する要因が目まぐるしく変化しているんですね!?例えば、特別3レースを構成をみても、昨年は同じでも、一昨年その先は異なっています。さらに頭数とか開催日とか考えたら、同じ要因はほとんどない。

勝馬を選抜する方法は一つしかないと思うわ。それは競馬番組からの考察!!

けど2着・3着馬は他の視点から攻めないといけないと思う。つまりはいろいろな要素で構成されているJRAノ馬券です。

今年のオールカマーは、まず、3歳馬が不在、特別戦構成は昨年と同じ。というか昨年から。以前はOP特別が組まれていました。2019年にそのレース構成を少し変化させ、2020年から変わりますよという予告宣言をして、今年につなげています。

こうやって勝馬を変化させているようで、その昨年の勝馬のエッセンスの一部をうけると

牝馬4歳レイパパレ(帽子の縁の周りに飾るレイ(ハワイ語)。母名より連想)ではないかと。で、6番枠に入ると完璧かな???

出走表が待ち遠しい!!~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA