第82回菊花賞のはじめに!

さてと菊花賞!

JRA/HPより

◯ 菊花賞(GⅠ)
本競走は、イギリスの『セントレジャー』に範をとり、昭和 13 年に『京都農林省賞典四歳呼馬競走』として創設された重賞競走。23 年より現在の名称になり、スタンド改築時を除き、距離や実施場は第 1 回から変わらず今日まで受け継がれている。『皐月賞』、『東京優駿(日本ダービー)』に続く 3 歳クラシック三冠の最終関門。本競走は、「最も強い馬が勝つ」と言われており、二度にわたる坂越え、3000mの距離を乗り切るスピードとスタミナを兼ね備えた馬に栄冠が輝く。本年は京都競馬場整備工事に伴い、阪神競馬場において実施される。
菊花(きくか)は、菊の花の意。菊は、キク科キク属の多年草で、世界中に 1 万種以上あると言われている。色や形は種類によって多岐に渡り、観賞用だけでなく食用としても用いられる。花言葉は「高貴」「高尚」。

2021年10月24日(日曜) 4回阪神6日

第82回菊花賞 登録数24頭・FG18頭・なんと牝馬が一頭いるね!(追加登録)だそうです)果たして出てくるか??

その牝馬が2019年に一頭出走していた。結果は5着と善戦した!今年は????

先週の秋華賞を見て思うことは、こちら牡・牝レースなので、戦歴の反転があると思う!つまりは、今年の勝馬枠には古馬戦歴が必要不可欠だと!そんな候補は今んとこ6頭、牝馬も戦闘態勢完了!っかな??それには7・8枠がいいように思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA