38回フェアリーステークス

カメレオンアーミーですぞ

3日間競馬も最終。今日は騎手の乗り替わり、取り消しと騒がしい一日です。

=ーその中で中山のメインを考えました喧噪と相成って、荒れる予感がしてます。まあ、充てにはなりませんが。まずはその変わったレース名より

○ フェアリーステークス(GⅢ) 本競走は、昭和59年に『テレビ東京賞3歳牝馬ステークス』として創設された重賞競走。当初は1600mで実施されていたが、平成3年に距離が1200mに短縮され、6年より現在の名称となった。20年の『阪神ジュベナイルフィリーズ』の実施時期移設に伴い、21年より実施時期を12月から1月へと変更し、距離を再び1600mに戻して実施されている。 フェアリー(Fairy)は、「 妖精」を意味する英語。

なるほど妖精ですか!!??

古典的ですが、その範疇のレースを洗い余した。

なさそうです。こおkは2021年暮れのファンタジーS、マーメイドS、ユニコーンSとかね?そうそう、これにセントウルSも仲間入りさせよう!時系列に整理すると、出目の連動だけではなさそうです。ここは慎重に。

それはそうと今日の騎手変更とか取消があると、心が落ち着きませんが、皆さんはどう対処しているんでしょうかね!?もちろん、競馬ゲームと考えると何かギミックがあると思うのですが、南関では、頻繁に起こることですが、どうもうまく消化できません。幸いなことに(??ほんまかいな??)メイン等には騎手変はないですが、そうも無事にいきそうもないでしょうね。

特に12Rの12番取り消し、鞍上の戸崎さんには、なにか恩恵があるんでしょうかね?彼だって生活かかってるんだろうから。

また、午後アップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA