つれづれに日暮らし、PCに向かうーその2をやめて、フェブラリーにロックオン!

○ フェブラリーステークス(GⅠ) 本競走は、昭和59年に創設された『フェブラリーハンデキャップ』を前身とする重賞競走。創設時より1600mで実施されている。その後、平成6年にGⅡへ格上げされ、競走名が『フェブラリーステークス』へ改称、負担重量も別定に変更された。さらに 9 年には、JRA初のダートGⅠ競走となり、負担重量も定量に変更された。 フェブラリー(February)は、2月を意味する英語。

JRAHPよりの抜粋。

当初は土曜日の京牝馬に参戦しようと整理始めましたが、いかにサンプルが乏しいので断念!賞金別定戦が少なくなりました。

やっぱ、フェブラリーSに照準を定めました。

2022年2月20日(日曜) 1回東京8日

第39回フェブラリーステークスGⅠ

4歳以上オープン(国際)(指定)定量コース:1,600メートル(ダート・左)。登録数24頭、FG6頭。牝馬2頭のうちマルシェローヌはサウジに参戦!???船橋所属ミューチャリーが今年も参戦

今、漠然と考えているのはそのMチャリーの同枠に注目しています。果たしてどんな馬が???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA