第71回東京新聞杯

JRA/HPより
○東京新聞杯(GIII)本競走は、昭和26年に創設された重賞競走。当初は『東京杯』の名で天皇賞(春)の前後に行われていた長距離の競走であったが、41年に現在の名称・実施時期に変更された。その後、徐々に距離が短縮され、59年に現在と同じ1600mとなった。一時期はハンデキャップ戦として実施されていたが、56年以降は別定重量戦で実施されている。東京新聞は、中日新聞社東京本社が発行する日刊紙。本競走は、同社より寄贈賞を受けて実施されている。

4歳以上 オープン (国際)(特指) 別定 コース:1,600メートル(芝・左)/FG16頭/登録18頭現在/牝馬2頭/賞金別定戦4歳上:56kg(牝馬2kg減)2000万円毎に1kg増・大層なスペックだね!!??この時期の4歳には荷が重い。面白いのはサブが中日新聞社賞ということ。同レースも暮れの12月に施行されています。この関連も調べてみますわ。調べたらなんと、武蔵野Sにも協賛してましたわ??????

それと大事なこと一つ!!今週のお題は○外国馬・外人騎手騎乗馬?・海外レース参戦馬等々、外国に関連するものが重要かと!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA