宝塚記念とリボンのキズナ

一位はBワンピース、2位に117の2頭(カデナとスティッフェリオ)?!
カデナは意外です。

○ 宝塚記念(GⅠ)
本競走は、昭和 35 年に創設された重賞競走。当初は 3 歳以上 1800mで実施されていたが、翌 36 年に 2000mとなり、41 年から現行の 2200mとなった。43 年以降は 4 歳以上となったが、62 年に再び 3 歳馬にも出走資格が与えられた。年末に中山競馬場で行われる『有馬記念』と同様、ファン投票によって出走馬が選定され、春のGⅠ戦線を締めくくる一戦として定着している。宝塚(たからづか)は、兵庫県南東部の市。同市は阪神競馬場の所在地でもある。
○ リボン賞
リボン(Ribbon)は、紐状の織物のこと。勲章として用いられる他、衣服・帽子・頭髪や贈り物の装飾として結んだ形で使われることが多く、本競走は上半期を締めくくる意味で第 3 回阪神競馬最終日最終競走に実施される。(JRA HPより抜粋)

リボン賞と宝塚、むらさき賞と日本ダービーみたいな関係かな?ちょいと探ると面白いことが見えてきました。

詳細はこれから。

勝ってリボンを蝶結び!!なんてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA